Python3入門 初心者向け tuple型の使い方

tuple型

tuple型は1度生成すると変更が出来ないデータ群を取り扱います。
list型と比較した場合、list型に備わっている機能で要素の追加や削除、変更を除いたものになります。
つまり、確保しておきたいデータ群を初期値として格納し、格納したデータ群を参照する事しかできません。

なぜtuple型を使うのか

なぜtuple型を使うのかというと、
それは複数の値をまとめたものを基準値として使用したい。
一時的に保存して各ポイントで何度も使うため、値を追加、変更、削除されたくない場合がある。
ということが挙げられます。

tuple型の定義

定義の仕方は「変数=(カンマ区切り)」となり、「=」(イコール)の後に丸括弧を使用し、
カンマ区切りで複数の値を記述します。
※丸括弧は省略可能です。

  1. 定義方法1 数値のtuple

    任意の変数に複数の数値を代入します。
    tuple1(任意の変数名)=(1,2,3)(丸括弧内にカンマ区切りで数値を記述)と入力します。

    以下の画像は実施例と作成した変数「tuple1」内に存在する値の確認になります。
    tuple1

  2. 定義方法2 文字のtuple

    tuple2(任意の変数名)=(‘あ’,”い”,’u’,”E”,’O’)(丸括弧内にカンマ区切りでシングルクォーテーション括り、若しくは、ダブルクォーテーション括りの文字列を記述)と入力します。

    以下の画像は実施例と作成した変数「tuple2」内に存在する値の確認になります。
    tuple2

  3. 定義方法3 数値と文字のtuple

    tuple3(任意の変数名)=(1,’2’,3,”四”,5)(丸括弧内にカンマ区切りで数値とシングルクォーテーション括り、若しくは、ダブルクォーテーション括りの文字列を記述)と入力します。

    以下の画像は実施例と作成した変数「tuple3」内に存在する値の確認になります。
    tuple3

  4. 定義方法4 丸括弧の省略

    tuple4(任意の変数名)=’a’,’2′,3,”B”,5(カンマ区切りで数値とシングルクォーテーション括り、若しくは、ダブルクォーテーション括りの文字列を記述)と入力します。

    以下の画像は実施例と作成した変数「tuple4」内に存在する値の確認になります。
    tuple4

tuple型の使い方

tuple型を使う方法としてインデックスと呼ぶ番号を使用して値を操作する方法があります。
インデックスを使用する場合は、tuple型変数名[インデックス(数字)]で値の操作ができます。
tuple6

インデックスの使用方法

  1. インデックスの使い方 前方からの参照

    順に代入した値の参照として、インデックスの数値は「0」から使用することになります。
    tuple1[0]
    tuple5

    3番目に代入した値の確認
    tuple1[2]
    tuple7

  2. インデックスの使い方 後方からの参照

    後から代入した値の参照としてインデックスの数値は「ー1」から使用することになります。
    tuple2[ー1]
    tuple8

    後ろから4番目に代入した値の確認
    tuple2[ー3]
    tuple9

  3. インデックスの使い方 スライス

    スライス機能を使用し、リストに代入した値である範囲に対して参照します。
    使い方は角括弧内のインデックスを「:」(コロン)区切りで開始インデックスと終了インデックスを指定します。
    tuple2[1:4]
    tuple10

補足

List型に変換する際はList型のコンストラクタを使用すると簡単にできます。
tuple11
List型コンストラクタは上記の例でいうと、list(tuple型)という記述をしている箇所になります。

最後にこのサイトが、これからPythonを扱うあなたの技術向上の手助けになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*