Python3入門 初心者向け リスト型の使い方

リスト型

リスト型を使えばデータ群の追加、変更、削除といった取り扱いが簡単になります。
他にも、順序付けや並び替えも簡単にでき、一部のデータに対しての追加、変更、削除や使い方次第では出力順も思い通りに出来ます。

なぜリスト型を使うのか

なぜリスト型を使うのかというと、
保持したいデータがたくさんあってデータの数だけ変数を作るといった、めんどうな事はしたくない。
型が同一のデータが複数あった場合、変数ごとに保持して散乱してしまうよりまとめて保持していたい。
という事が挙げられます。

リスト型の定義

定義の仕方は「変数=(イコール)[値(カンマ区切り)]」となり、値については数値や文字列、リスト型等をカンマ区切りで記述します。

  1. 定義方法1 数値のリスト

    任意の変数に複数の数値を代入します。
    list1(任意の変数名)=[1,2,3,4,5](角括弧内にカンマ区切りで数値を記述)と入力します。

    以下の画像は実施例と作成した変数「list1」内に存在する値の確認になります。
    list1

  2. 定義方法2 文字のリスト

    list2(任意の変数名)=[‘あ’,”い”,’u’,”E”,’O’](角括弧内にカンマ区切りでシングルクォーテーション括り、若しくは、ダブルクォーテーション括りの文字列を記述)と入力します。

    以下の画像は実施例と作成した変数「list2」内に存在する値の確認になります。
    list2

  3. 定義方法3 数値と文字のリスト

    list3(任意の変数名)=[1,’2’,3,”四”,5](角括弧内にカンマ区切りで数値とシングルクォーテーション括り、若しくは、ダブルクォーテーション括りの文字列を記述)と入力します。

    以下の画像は実施例と作成した変数「list3」内に存在する値の確認になります。
    list3

リスト型の使い方

リスト型を使う方法としてインデックスと呼ぶ番号を使用して値を操作する方法とリストの機能としてのメソッドを使用する方法があります。
インデックスを使用する場合は、リスト型変数名[インデックス(数字)]で値の操作ができます。
list_index1

メソッドを使用する場合は、リスト型変数名.(ドット)メソッド名となり、使用したメソッドに応じた処理を実施してくれます。

インデックスの使用方法

  1. インデックスの使い方 前方からの参照

    順に代入した値の参照として、インデックスの数値は「0」から使用することになります。
    list1[0]
    list_index2

    3番目に代入した値の確認
    list1[2]
    list_index4

  2. インデックスの使い方 後方からの参照

    後から代入した値の参照としてインデックスの数値は「ー1」から使用することになります。
    list1[ー1]
    list_index5

    後ろから4番目に代入した値の確認
    list1[ー3]
    list_index6

  3. インデックスの使い方 スライス

    スライス機能を使用し、リストに代入した値である範囲に対して参照します。
    使い方は角括弧内のインデックスを「:」(コロン)区切りで開始インデックスと終了インデックスを指定します。
    list1[1:4]
    list_sl

メソッドの種類と使い方

  1. List型変数名.append(追加する値)
    appendメソッドを使用すると、対象のList型変数に対して括弧内に記述した値を最後尾に追加します。

    list_append

  2. List型変数名.index(リストの何番目か知りたい値)
    indexメソッドを使用すると、対象のList型変数に対して括弧内に記述した値が何番目の要素か調べます。

    list_index

  3. List型変数名.remove(削除したい値)
    removeメソッドを使用すると、対象のList型変数内にある要素で括弧内に記述した値が存在すれば、List要素から削除されます。

    list_remove

  4. List型変数名.sort()
    sortメソッドを使用すると、対象のList型変数内に要素の順番を正順に変更し、変更した順番で対象のList型変数の内容を上書きを実施します。
    また、括弧の中に関数を指定する事も可能です。
    但し、要素内の値が数値か文字列のどちらかに統一されていないとエラーが発生します。

    数値の正順
    list_sort1

    文字の正順
    list_sort2

  5. List型変数名.reverse()
    reverseメソッドを使用すると、対象のList型変数内に要素の順番を逆順に変更し、変更した順番で対象のList型変数の内容を上書きを実施します。
    但し、要素内の値が数値か文字列のどちらかに統一されていないとエラーが発生します。

    数値の逆順
    list_reverse1

    文字の逆順
    list_reverse2

  6. List型変数名.extend(List型変数)
    extendメソッドを使用すると、対象のList型変数にList型変数を追加します。

    list_extend

  7. List型変数名.pop(インデックス)
    popメソッドを使用すると、括弧内で指定したインデックスを対象のList型変数から取り出し、List型変数から除外します。

    list_pop

補足

List型変数の中に別のList型変数を格納する事も可能です。

例1
list_list

例2
list_list2
この方法を多次元配列とも呼ばれ、開発ではよく使用されます。
馴れるまで混乱しやすい使い方にはなりますが、本棚等に割り振られている整理番号を想像すると理解しやすくなると思います。

最後にこのサイトが、これからPythonを扱うあなたの技術向上の手助けになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*