Python3入門 初心者向け 変数と予約語

プログラム処理を作る際に、変数は使用するのはプログラミング言語で共通認識であり、Python3にも変数の概念は存在します。
変数については自分で追加したり使ったりすることができ、それらの事をできないとPython3でプログラム処理を作り込む事が難しいです。
結論として、変数について知る必要があります。

変数をなぜ使うのか

変数を使う理由として、いくつか挙げることができますが大まかに以下の2点を挙げます。

  1. 計算や文字の変更、編集、処理した結果を一時的に保持したいため
  2. 実際の数字や固定の文字列だと、プログラムを動かした時に変更できないため応用が効くようにしたいため

変数の定義、型の種類、予約語

変数を扱うために変数に名前を割り当てる必要があります。
変数に割り当てた名前を変数名と呼び、割り当てるためのルールが存在します。

  1. 変数名として使用できる文字、数字、記号等

    変数名は基本的に半角英字、数字、_(アンダーバー)を使用します。
    variable1
    成功例1

    variable2
    成功例2

    variable4_etc
    成功例3

    変数名の1文字目には数字を使う事は出来ません。
    使用しようとすると以下のようにエラーとなります。
    variable_err1
    失敗例1

    これについては、Python2での命名規約が上記に限定されている事と、日本語の分からない人が見ても理解できるようにするためです。
    但し、お薦めはしませんが元々変数をオブジェクトとして使用することができ、Python3では日本語名で変数を作る事も可能です。
    variable3_etc
    日本語変数名

  2. 型の種類

    変数名を付与した後に、通常は代入という値を設定する処理をします。
    その際に代入した値によって変数の型が決まり、総称してデータ型と呼ばれることが多いです。
    データ型にはいくつかの種類がありますが、今回は標準ライブラリに組み込まれているデータ型を紹介します。

    1. 整数(int)

      type_int
      整数値を表し、型の確認が出来るtype関数を使用すると「int」となっています。

    2. 浮動小数点(float)

      type_float
      浮動小数点を表し、型の確認が出来るtype関数を使用すると「float」となっています。

    3. 文字列(str)

      type_str
      文字列を表し、型の確認が出来るtype関数を使用すると「str」となっています。
      ※strはstringの略称です。

    4. 論理(bool)

      type_bool
      真(True)偽(False)を表し、型の確認が出来るtype関数を使用すると「bool」となっています。

    5. 配列(list)

      配列(list)を簡単に説明すると、複数ある値をグループ化することができ、グループ化する事により一つの変数へ代入できます。
      代入後、新たに値を追加や削除を行う事も可能です。
      type_list

    6. 辞書(dict)

      辞書(dict)を簡単に説明すると、見出しとなるキーとキーに対応するバリュー(データや値)を一個の組み合わせとして扱い、それを一つの変数へ複数の組み合わせを代入できます。
      代入後、新たに値を追加や削除を行う事も可能です。
      type_dict

    7. タプル(tuple)

      タプル(tuple)を簡単に説明すると、データの扱いは配列と同じですが、変数への代入後は値の書き換えが出来なくなります。
      使用方法として、世利用する固定値のグループや辞書型(dict)のキー値等といった変更されてほしくない値を保持する事に役立ちます。
      type_tuple

    8. 集合体(set)

      Python3から集合体(set)という型が追加されました。
      集合体(set)を簡単に説明すると、同一の値が2つ以上入れることが出来ない仕様となっています。
      使用方法として、重複する値を排除といった事に役立ちます。
      type_set

  3. 予約語

    予約語とは実際のプログラムで使用される文法で、変数名に割り当てられないものになります。
    種類は全部で33種類あり、他言語に比べるととても少ないです。
    この少なさはPythonのルールをシンプルに設計するために取り入れられたためです。
    以下に予約語の表を作成しましたので、参考にしてください。

    予約語一覧
    False None True and as
    assert break class continue def
    del elif else except finally
    for from global if import
    in is lambda nonlocal not
    or pass raise return try
    while with yield

    また、予約語全て覚える必要はありませんが、急に思い出す必要が出てきた場合は以下の2行を入力してください。

    入力する文法
    import keyword
    keyword.kwlist
    実行すると予約語一覧が表示されます。
    reserved_char
    予約語については以上です。

変数という点注意事項を挙げるとすれば、変数に対し何かしらの値を代入することを
忘れないでください。
うっかり変数に値を入れずに使用するとエラーとなってしまいます。
variable_err2
エラー例

補足

変数から変数への代入、変数同士の計算や文字連結など実施できますし、型次第では直接メソッドを呼ぶことも出来ます。
また、ハードウェア面についてはメモリ領域を自動で確保してくれます。

最後にこのサイトが、これからPythonを扱うあなたの技術向上の手助けになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*