Python3入門 初心者向け数値計算

Python3での数値計算方法には演算子を用いた方法と関数を用いた方法などがあります。
想定している算出結果のために、演算子を使い独自で計算式を作ったり、関数と演算子を組み合わせたりと、様々な使い方があります。

数値計算を知る理由

なぜ、数値計算方法を知っておく必要があるかというと、Python3で数値を扱う際に計算を組み込まない処理は、正直な話、ほとんど無いと思います。
実際にあなたが計算式を組み込もうとした際に、イメージ通りに結果を算出できるようにならないと数値計算の意味が無いですようね。

それでは、プログラミング言語、若しくは、Pythonが初心者のあたなのために入門レベルの数値計算の方法を紹介します。

演算子での計算

  1. 「+」加算

    加算7
    実行例

    また、マイナス符号付きの加算も処理されます。
    加算4
    実行例

  2. 「-」減算

    減算2
    実行例

    また、マイナス符号付きの減算も処理されます。
    減算3
    実行例

  3. 「*」乗算

    掛け算1
    実行例

    また、マイナス符号付きの乗算も処理されます。
    掛け算3
    実行例

  4. 「/」割り算

    割り算1
    実行例

    また、マイナス符号付きの割り算も処理されます。
    割り算2
    実行例

  5. 「%」剰余

    剰余算1
    実行例

    また、マイナス符号付きの剰余計算も処理されます。
    剰余算2
    実行例

  6. 「**」べき乗

    べき乗1
    実行例

    また、マイナス符号付きのべき乗計算も処理されます。
    べき乗2
    実行例

文字列を数値へ変換

  1. 「int」文字列を整数に変換します。

    整数値変換
    実行例
    また、マイナス符号付きの変換も実施されます。
    整数値変換2
    実行例

  2. 「float」文字列を浮動小数点に変換します。

    浮動小数点変換1
    実行例
    また、マイナス符号付きの変換も実施されます。
    浮動小数点変換2
    実行例

文字列を数値へ変換

  1. 「int」文字列を整数に変換します。

    整数値変換
    実行例
    また、マイナス符号付きの変換も実施されます。
    整数値変換2
    実行例

  2. 「float」文字列を浮動小数点に変換します。

    浮動小数点変換1
    実行例
    また、マイナス符号付きの変換も実施されます。
    浮動小数点変換2
    実行例

補足

最後に補足となりますが、計算のために使用する演算子でも実行されるに当たり、順序というものがあります。
紹介した内容で言うと、「**」が高く、「*」「/」「%」となり、「+」「-」の順となります。
「*」「/」「%」が同レベルの優先順位、「+」「-」が同レベルの優先順位になります。

このサイトが、これからPythonを扱うあなたの技術向上の手助けになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*